ねずみを退治する方法

ねずみが自宅に住み着いてしまうと食品を食べられたり、走り回る音がしたりと日常生活に害が生じます。

また衛生面でも感染症などの危険がありますので何としても退治したいところです。


ねずみの撃退方法として捕獲や毒餌での退治があります。



古典的で想像しやすい捕獲方法として、ばね式やカゴ式の罠がありますが、これらは何度でも再利用できるというメリットがあります。

エキサイトニュース情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

ただ、ばね式の罠は死骸を、カゴ式の罠は生け捕りにしたねずみを自分で処理する必要が出てきます。

近年、最も一般的なのが粘着シートです。こちらも捕獲後は自分で処理をする必要がありますが、シートごとゴミに捨てることができますし、比較的安価なため使いやすいです。

長く置いておくとホコリなどが積もり、効果が薄れるため注意が必要です。また毒餌については他の方法と比較して時間がかかりますが、複数匹を同時に退治できる可能性を持っています。



さらに退治後のねずみを見なくても良いというメリットがあります。

その他には捕獲ではなく、寄せ付けなくする方法があります。
ねずみが嫌う超音波を発する機械の設置や、スプレーや燻煙剤などを使用して住みにくい環境を作るというものです。

これで撃退できれば、捕まえきれなかった時の対処や捕獲後の処理について考える必要がありませんので非常にスマートです。

せっかく退治しても再び侵入を許してしまうと意味が無くなってしまいます。
いずれの方法を試みるにしても撃退後は必ず二度と侵入できないような対策をとることが重要です。